未来の健康グッズ

5年後の現実化を見据えた、
携帯したくなる体温計。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る

世の中を騒がしている健康グッズって、そんなに多くないですよね。リンククロスでは、革新的な健康グッズがあったらいいな……という妄想を、せっかくなら形にしてもらおうと考えました。第一線で活躍するプロダクトデザイナーやアートディレクターなど“創造し続けている”人たちに、「未来の健康グッズ」というキーワードだけをお伝えし、アイテムを提案してもらいます。2回目は、携帯電話などのプロダクトを手掛けてきた渡辺佑介さん。近未来を意識した、すぐにでも実用化できそうで女子ウケも良さそう!な体温計を、考えてくれました。

プロフィール

渡辺佑介

わたなべ・ゆうすけ/NECデザインセンターにてプロダクトデザインやサービスデザインに従事。北米向けスマートフォンなどの情報機器、国内向け生活家電などの製品開発に携わる。その傍ら、ミュージックシーンのアートワーク制作も手掛けるなど、プロダクトを主軸に幅広い領域でデザインと関わる。2015年 ELECOM Design Competition 2にてグランプリ受賞。受賞歴ほか多数。2016年、デザインオフィス" WD "を設立。千葉工業大学の非常勤講師も務めている。
http://www.wdtokyo.com

大切なのは日常での気づき。
違和感から思考する。

「この話をいただく前から、実はヘルスケアにすごく興味があったんです。きっかけはおじいさんの入院。軽い脳卒中だったんですけど、お見舞いに行ったらすっかり本人は元気で。でも点滴をはじめとする医療器具が、まるで『おじいさんはまだ体調が悪い』とアピールしているように感じたんです。“病は気から”と言いますが、医療器具って先入観が強いためか、使っている本人も他人も無意識に体調が悪いと思わせてしまう、そんなデザインな気がするんです。それ以来、違和感をずっと覚えていました」

「僕が今回着目したのは体温計。先ほどの話の延長になりますが、薬局にある商品も、多くが既存のデザインを超えないものばかり。視認性という意味では大事ですが、プライベートな空間でしか使えないですよね。使える瞬間が無意識に制限されているとも、言えると思います。でも、仕事の合間で“ちょっと具合わるいかも”とか“イベントや用事に行けるかどうか”など、日常で体温を測りたくなる瞬間ってあると思うんです。特に女性は、日常的に体温を測る習慣があると思うので、携帯もできてポーチなどに入っていても恥ずかしくない、そんな女性の目線を意識してデザインを詰めていきました」

背景から、その先まで。
0から10までをデザイン。

「NECに勤めていたころからの習慣なのですが、まずはラフを描く前に、その商品の背景やコンセプト、ブランドネームなどから考え始めていきます。『TUNE』というブランド名は、体温計を作ろうと思った最初の段階からありました。昔ギターをやっていたので、チューニングという言葉に思い入れがあって“自分の身体をチューニングする”という意味を込めました。そして女性が実際に使うシーンなどを想像して、人前で出しても恥ずかしくない器具にしたいと思い、今の形に辿り着きました。リップなど、化粧品のようなデザインなら気軽に取り出せますよね」

「使い方は簡単。上の部分を取り外すとセンサーが付いた部分が出てきて、これを耳に入れると熱を測れるという仕組みです(完成イメージ3Dでは、左が通常の状態、右が取り出し状態を表しています)。一般的な体温計を、食後などに耳に入れたらすごく違和感を覚えますが、これなら自然じゃないですか? あと、アプリも連動させたかったので、イメージ図を作ってみました。これは体温から自分のストレス状態がもしもわかったら、という発想で作ったアプリです。四角の部分を超えたら、ストレスを感じている状態。数値化してしまうと変に意識してしまうので、あえて曖昧な表現にしています。気負わず“いつも通りという安心感”を手に入れて欲しい、それが『TUNE』で伝えていきたいことですね」

完成3Dイメージ

3D制作/渡辺佑介 写真/黒坂明美 編集・文/井上峻

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る

RELATED ARTICLE関連記事

臓器移植医療給付金付先進医療保険

先進医療と臓器移植に特化した保険

公的医療保険が充実している日本でも、自己負担が高額になるリスクがあります。
臓器移植医療給付金付先進医療保険「Linkx coins(リンククロス コインズ)」は、経済的な負担の大きい先進医療と臓器移植の保障に特化した保険です。

+ VIEW MORE

HL-P-B1-16-00531(2016.09.20-2017.10.31)

無料保険相談サービス

当社のプランナーが親身にお応えします!
お客さまを取り巻く環境、家族構成や将来設計等を把握することから始まり、様々な視点からアドバイスします。