先進医療って何だろな?

ファイナンシャルプランナー 
黒田尚子がお答えします!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る

先進医療って言葉をよく耳にする。でも調べてみると「厚生労働省(厚生労働大臣)から承認された、高度で最先端の医療技術を用いた医療行為のことを意味します」とあるけれど、正直この堅苦しい文面だけじゃ、最先端の医療ってことしか分からない! どうして先進医療が注目されているのか、そんな高度な医療を受ける機会は本当にあるのか……。そこで“家計のホームドクター®”と呼ばれるファイナンシャルプランナーさんに話を聞くことに。自身も乳がんになり先進医療を受けた、黒田さんにお答えいただきました。

  • ※ 「家計のホームドクター®」はNPO法人日本FP協会の登録商標です。

先進医療は、数も内容も常に変わっていくもの。

「まず始めに理解しておいて欲しいのが、先進医療は最先端の医療ではあるけれど、必ず病気が治る“夢の治療”ではないということ。これは暗に先進医療を否定しているわけではなく、最先端=必ず治ると思ってしまいがちなので覚えておいて欲しいんです。いわゆる保険適用の治療は“標準治療”と、なんだか言葉だけ聞くと頼りなさそうですが、そんなことはありません。現時点で最も効果が出ると検証された最善かつ最良の治療、と思えば信頼できるのではないでしょうか。もちろん、先進医療から保険適用されたものもあります。つまり先進医療は、安全性や効果についてまだ十分なデータがないけれども、将来的に保険適用される可能性がある治療、とも言えます。仰る通り厚生労働省が承認した最先端医療のことを、先進医療と呼び、この数や内容は変動します。現在最も受けられている先進医療が『多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術』。これは白内障の治療と同時に老眼も治療できるという一石二鳥な治療。これだけ聞くと、最初に説明した『夢の治療ではない』というのが嘘に聞こえそうですね(笑)。でも、保険がきかないため先進医療にかかわる技術料は全額自己負担。こういった保障の必要性を感じて、今入っている保険を先進医療付きに切り替える方もいらっしゃいますね」

備えることで広がる、“もしも”の選択肢。

「あとは私の体験談でいうと、乳がんになった際に先進医療を受けました。“『センチネルリンパ節生検』の同定と転移の検索”という噛みそうな名前の治療です(笑)。センチネルリンパ節というのは、リンパ管に入ったがん細胞が最初にたどり着く腋窩リンパ節で、“見張りリンパ節”とも呼ばれています。これを導入していない病院では、乳がんの手術と一緒に脇の下のリンパ節をすべて取り除いてしまうのが一般的。そうなると浮腫や腕のむくみなど生活に支障をきたす恐れがあるので、術後のQOL(生活の質)の維持にとって意味のある治療です。あとは先進医療を受けられるという、変なワクワク感もありました(笑)。ちなみに『センチネルリンパ節生検』は、私が手術をした直後の2010年4月から保険適用になったひとつでもあります。先進医療って症例数だけで見ると少ないですが、実際私のように受けている人間もいますし、すごく遠い話かという、そうではない。備えるべきかと言われると考え方は人それぞれだと思いますが、万が一の時の選択肢が広がることは間違いありません。ただ、先進医療の保障は特約での加入がほとんどで、色々な保障がセットになります。加入している保険に付加したいと思っても、できなかったり、保険料が高くなったりして、諦める方もいます。でもいまは手軽に入りやすい先進医療保険もあるので、既存の保険に先進医療の保険をプラスしたい人から未来の選択肢を増やしたい人まで、幅広くオススメできればと思っています」

  • ※ 先進医療とは、厚生労働大臣が定める医療技術・施設基準に該当するものに限ります。そのため、対象となる医療技術・施設基準は変動します。最新の先進医療技術は厚生労働省のページをご確認ください(http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/sensiniryo/kikan03.html)。
  • ※ 先進医療にかかわる技術料は、先進医療の種類および先進医療を実施している医療機関によって異なります。また、先進医療の技術名は変更されることがあります。

プロフィール

黒田尚子

くろだ・なおこ/1969年富山県生まれ、千葉県在住。立命館大学法学部修了。1998年より独立系FPとして活動。現在は、各種セミナーや講演・講座の講師、新聞・書籍・雑誌・Webサイト上での執筆、個人相談を中心に幅広く行う。2010年1月、消費生活専門相談員資格を取得し、消費者問題にも注力。また、2009年12月の乳がん告知を受け、2011年3月に乳がん体験者コーディネーター資格を取得するなど、自らの実体験をもとに、がんをはじめとした病気に対する経済的備えの重要性を訴える活動を行っている。
http://www.naoko-kuroda.com

写真/黒坂明美 編集・文/井上峻

人気企画の更新や最新情報をお届けします! メールマガジン登録人気企画の更新や最新情報をお届けします! メールマガジン登録

RELATED ARTICLE関連記事

Linkx (リンククロス)とは

臓器移植医療給付金付先進医療保険

月々500円で手に入れる、未来の安心

健康だから、医療保険なんて必要ないと思っていませんか?高度な先進医療の技術料は、公的医療保険の対象外。万が一の時には、経済的な負担がかかります。
「Linkx coins(リンククロス コインズ)」は、年齢・性別にかかわらず月々500円で、先進医療と臓器移植を保障する保険です。月々500円の安心、はじめてみましょう。

+ VIEW MORE

HL-P-B1-16-01131(2017.01.13-2017.10.31)

無料保険相談サービス

無料保険相談サービス

暮らしや経済的な変化でお困りごとはございませんか?
当社のライフプランナーが、お客さまのライフステージに合わせてアドバイスいたします。どうぞお気軽にご相談ください。