チーム「TRAC」が指南!父子チャレンジ

チャレンジ2 
飛んで潜って、ジャンプ&いも虫!?

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る

元プロ陸上選手の為末大さんが創設したチーム「TRAC」がリンククロスに参上。“走る喜びを広げたい”というスローガンを掲げ、定期的に小学生向けの「かけっこ教室」を開講してます。そして教室の延長として、全国各地で不定期開催する「父子チャレンジアカデミー」(「ちちこ」と呼びます)などで実施している親子で楽しめる運動を、今回出張指導してくれることになりました。親と子で手軽に楽しめる運動だけでなく、“為末メソッド”が詰まったパパママ向けのコラムも掲載。2回目は、子どもが飛んで潜っての、ハードトレーニング。いろんな動きをして子どもの神経発達を促します。そして運動会シーズンにちなんで、「普段あまり走らないパパママのための心構え」も伝授!

飛んで潜って、ジャンプ&いも虫!?

腕立ての体勢になった親の上を、
子どもがジャンプして飛び越え、反対側から潜って出ます。
これを5回行ってください。

「1回目でも取り上げたジャンプのトレーニングに潜るという動作を足した運動です。子どもの頃は色々な動きをした方が、神経の発達に作用するんです。また自分の身体がどういった風に動くかを覚えさせることで、かけっこだけでなく、色々なスポーツにも応用できます。ハードなため、やり過ぎは厳禁です」

トレーニングプラス!

腕立て伏せを加えることで、パパのトレーニングだけでなく、アトラクション的要素がプラスされ、子どももより楽しんで取り組めます。

指導員

TRAC MANAGER
伊藤友広

いとう・ともひろ/1982年秋田県生まれ。「TRAC」事業部マネージャー。2004年アテネオリンピック4×400mに出場。国際陸上競技連盟公認指導者資格(キッズ対象)を取得し、チームのリーダーとして子どもたちへの指導などを行っている。

生徒

ELEMENTARY STUDENT
コレット

これっと
小学校5年生

為末大の全力疾走!かけっこコラム

運動会で活躍できるパパママになるには? 前編

運動会の季節がやってきました。学校によっては子どもだけでなく、保護者がダッシュをする機会もあると思います。運動不足で不安の方も多いのでは!? そんな方たちが「運動会で保護者がダッシュ」と聞くと、ある意味、運動会の定番である「レース後半で前のめりに転倒」という最悪の光景が頭に浮かぶのではないでしょうか? 運動不足の中でも転倒は避けたい、そして出来ればかっこ良い走りを披露したいですよね。まずは転倒してしまうメカニズムから考えていきます。
①気持ちがはやり、上半身が必要以上に前に倒れてしまう。
②スピードを上げようと地面を蹴りすぎて、足がどんどん後ろ回転になってしまう。
①だけでも転びやすいと言えますが、 ①と②がセットになるとほぼ間違いなく転ぶでしょう。では、どのように走ったら良いのでしょうか。まず①は若い頃、足が速かった人に多く見られる光景です。若い頃よりも筋力が低下している可能性が高く、思うように足が前に出てきません。本人は普通に走っているつもりでも上半身が前(気持ちがはやればはやるほど上半身が前に)、足が後ろというポジションで走ってしまいます。 落ち着いてまっすぐな姿勢をキープすることを心がけることが最も大切です。次に②についてです。地面を強く蹴れば蹴るほど進むわけではありません。走ることは『片足ジャンプの連続』です。後ろに蹴るというよりも、自分の身体を一瞬で地面から跳ね返すようにして走ることでスピードが出ます。以上を頭で理解するだけでも転倒防止となるはずです。

次回は運動会に向けたトレーニングをご紹介します。

プロフィール

チーム「TRAC」

写真左から三宅修司・大西正裕・為末大・伊藤友広・千葉朋裕/2016年8月に誕生。創設者・為末大のメソッドをベースに、アテネオリンピック4×400mリレーの代表としても活躍したマネージャーの伊藤友弘、日本陸連ジュニアコーチの資格を持つ大西正裕、幼児体育指導歴10年以上キャリアを持つ千葉朋裕、チームのムードメーカー三宅修司の4人がメインのコーチとして活動を行う。スローガンは“走る喜びをもっとみんなに広げていきたい”。小学生向けの「かけっこスクール」を開講しており、かけっこの基礎となる「スプリントドリル(基本動作を習得するための練習)」や運動感覚を養うトレーニングを中心に指導。イベントや学校行事へのスタッフ派遣、出張かけっこスクールも行っている。
http://trac.tokyo

トレーニング監修/TRAC 写真/黒坂明美 編集/井上峻

人気企画の更新や最新情報をお届けします! メールマガジン登録人気企画の更新や最新情報をお届けします! メールマガジン登録

RELATED ARTICLE関連記事

Linkx (リンククロス)とは