ファインダー越しに感じた「健康」

光と影で捉える。
美しさと健康のバランス。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る

ポートレート、スナップ、ランドスケープ……。ファインダー越しに、瞬間瞬間を切り取る写真家たち。カメラという武器を片手に身ひとつで戦い、時として被写体と深く向きあう。そんな彼らだからこそ、「健康」について何か思うこと・感じることがあるのではと思い、話を聞いてみました。今回は女性のグラビアやアーティスティックなコスプレ写真を撮影し続けている、須崎祐次さん。独自の感性の美を、追求し続ける男が垣間見た、身ひとつを武器に戦う女の子たちとは?

不完全な女の子たちこそ、
美しさを秘めている。

「僕はよく、グラビア撮影や写真集の撮影で女の子を被写体にするんですけど、いわゆる“健康美”を売りにしている女の子の、みんながみんな心も身体も健康かというと、違うと思うんです。個人的な見解ですが、人前に出て自分の身体を武器にする女の子たちは、やっぱり何かを犠牲にしているはず。僕の写真も、光と影のバランスを大切にしていますが、女の子たちも光があれば影もあってバランスを取っているんだと思います。

普段している商業的なお仕事のほかに、ライフワークとして女性を被写体にしたアート作品を撮り続けているんですが、そこでお願いする女の子にもこだわりがあります。僕自身、キレイで完璧な子にはそこまで興味がわかないんです。不完全な部分を残し、マイナスな面を持っている子ほど魅力を感じる。完璧に作り込まれた美しい外国人モデルよりも、少し影を持ち合わせている子のほうが作品とも相性がいい。影があるからこそ、光がある。その二面性のバランスをとっているのが健康なんじゃないかなって思っています。不完全であることで、変な引け目もなく心のバランスを取れているというか」

日本人だからこその表現。
日本人女性にしかない“美”。

「自分の話をすると、1988年に大学を卒業し、ニューヨークの美大へ行ったんです。4年間過ごしたのですが、そこでは写真だけじゃなくて版画もやっていました。そのあと日本に戻り、広告や雑誌のお仕事などをしながら隔年で個展を開いています。10年前にフィルムカメラからデジタルカメラに切り替えたのですが、それまでの20年間は、今思えばずっと不健康でしたね。その場で確認できないフィルムだからトラブルも生まれやすく、きちんと写っているか、現像できているか、露出あっているか、など、常に不安にさいなまされていました。仕事場でそれは出せないので、表面的には元気に振舞っていても、やっぱり心が不安定だから健康ではなかったですね」

「日本人の被写体にこだわるのにも理由があるんです。ニューヨーク時代、版画で色を作る際、僕が作る色というのはどんな絵の具にも墨である黒を混ぜていたんです。でも、隣の席に座っている外国人の友人は、青に茶色や赤を塗ったりとまったく異なる配色をしていて……。これを見たときに『あぁ、いくらアメリカナイズされたとはいえ、日本人である血は変えることができないんだな』と思ったんです。日本人だと気付かされた瞬間です。そして僕が撮り続ける日本人女性も、ファッションやアートの観点から見ると、外国人に比べて画になりにくい存在。だけど、彼女たちにしか表現することができない美しさというものがあると思うんです。健康って意味でも人間性って意味でも、ファインダーを通すと透けて見える部分があります。日本人だからこその表現世界、日本人だからこその美にこだわって、これからも撮影を続けていくと思います」

プロフィール

須崎祐次

すさき・ゆうじ/1963年生まれ。日本大学芸術学部写真学科を卒業後、ニューヨークへ渡る。アメリカでは写真だけでなく、版画や油絵などの作品も手がけ、1992年に帰国。その後は写真家として、広告、ファッション、CDジャケットなどの写真も手がけている。主な作品に、『COSPLAY made in Japan』、『DEMPA models × 100 Cosplay』、『sweet joshi』などがある。
http://yujisusaki.com/

写真/須崎祐次 編集・文/戸塚真琴

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る

RELATED ARTICLE関連記事

臓器移植医療給付金付先進医療保険

月々500円で手に入れる、未来の安心

健康だから、医療保険なんて必要ないと思っていませんか?高度な先進医療の技術料は、公的医療保険の対象外。万が一の時には、経済的な負担がかかります。
「Linkx coins(リンククロス コインズ)」は、年齢・性別にかかわらず月々500円で、先進医療と臓器移植を保障する保険です。月々500円の安心、はじめてみましょう。

+ VIEW MORE

HL-P-B1-16-01131(2017.01.13-2017.10.31)

無料保険相談サービス

無料保険相談サービス

暮らしや経済的な変化でお困りごとはございませんか?
当社のライフプランナーが、お客さまのライフステージに合わせてアドバイスいたします。どうぞお気軽にご相談ください。