朝活を続けるコツって?
おすすめの朝活も知りたい!

感情を上手にコントロールする方法や、毎日の暮らしを一段ステップアップする方法を専門家に教えてもらう「マインド講座」。今回のテーマは「朝活」。
みなさんは、朝が好きですか? 早起きして、朝から活動できると、その日は1日中気分が良いですよね。スポーツはもちろん、勉強や考え事をするにも、朝は最適。でも、なぜか続かない、起きられない。そんな人も多いのでは? そこで今回は、“朝活の第一人者”といわれる女性起業家に、朝活を続けるコツを教えてもらいました。編集部おすすめの朝活スポットもご紹介します!

目次

1
朝は脳のゴールデンタイム? 朝活のメリット。
2
朝活をムリなく続けるコツ。
3
英会話、ジム、会員制図書館……おすすめ朝活。

朝は脳のゴールデンタイム?
朝活のメリット。

朝の時間を活用する朝活のメリットはさまざま。朝活といえばこの人、有意義な朝時間の過ごし方を提唱する池田千恵さんは、特に以下の3つを強調しています。

  1. クリアな頭で、急ぎではないけれど重要なことをじっくり考えられる。
  2. 段取りをじっくり考えることができるので、仕事が早く終わり、プライベートの時間が多く取れる。
  3. 睡眠時間を確保するために早く寝ようと、逆算してものを考えることができ、効率がアップする。

早起きの効用は、医科学的にも証明されているようです。東北大学の川島隆太医学博士によると、人間の脳は午前中に一番よく働くとのこと。朝の2時間は、夜の4~5時間分に匹敵するぐらい仕事の処理能力が高いと言われています。また、脳科学者の茂木健一郎氏によると、眠っている間に前日までの未整理の記憶が整理され、脳がクリアな状態なのが朝。脳のゴールデンタイムなのだそう。

とはいえ、夜型の人がいきなり早起きに切り替えて朝活するのは、かなり難しそう。あせって夜早めにベッドに入っても、無理に眠ろうとするプレッシャーから、なかなか寝入ることができないかも。そこで伝えたいのが、「早寝早起き」でなく「早起き早寝」を心がけること。たとえ夜更かししても、翌朝は思い切って早く起きれば、夜は自然と眠くなるはず。

SNSなど、不特定多数が見るところで早起き宣言をする、なんていうのはどうでしょうか? 自分を追い込み、実行しなくてはならない状況をつくることで、行動を前向きに矯正します。

心地良く眠りにつきたい方は気持ちよく眠る方法もチェック。

朝活を習慣化したい!
ムリなく続けるには?

早起きによって生まれた貴重な「ひとり時間」。この時間を朝活にあてて、無理なく続けるために池田さんがすすめるのが「仕組み化」「見える化」「ごほうび」です。

・仕組み化

忙しくてランニングがなかなかできなかったため、あえてスポーツジムに申し込んだ池田さん。お金を払うというインセンティブをつけることで、走らざるを得ない状況をつくったとのこと。オフィスから少し離れたジムに決め、「家←→オフィス」の定期券をやめて、「家←→スポーツジム」の定期券を買い、朝、家を出てジムまで電車で向かい、トレーニング後に徒歩でオフィスへ。こうした「仕組み化」でお金をかけ、お金を回収しようという意識から運動せざるを得ない状況に追い込んだそう。

・見える化

毎日の走行距離、走行時間を手帳に記録。最初はつらかったけど、トレーニングと記録を1週間続けたら、自身の走れる距離が徐々に伸びてくるのが「見える」ようになり、記録を更新することが楽しくなったそう。

・ごほうび

ストイックなものだけでなく、こんな工夫も。トレーニングした日は「いつもより多めにごはんを食べていい」「ビールを飲んでいい」と、自分をあまやかすようにしたとのこと。

「仕組み化」「見える化」「ごほうび」を意識することで、「習慣化したいけど、面倒でなかなかできない」と思っていた朝活も続きそうですね。

みんなは何してる?
あなたに合う朝活を見つけよう。

では、実際にどんな朝活を始める? リンククロス編集部がおすすめする朝活をご紹介。

朝活で行うスポーツといえば、代表的なのがランニング。朝のランニングは、車や通行人が少なく、快適に走れそう。ダイエットにも効果あり!? ランニング、ジョギング、ウォーキングに関する研究をする学術研究団体「ランニング学会」によると、朝食前にランニングをすると、1日の脂肪利用量が20%程度多くなるとのこと(※)。

朝活をトレーニングタイムにしたいという方は、24時間トレーニングジムを利用してみては? 全国に11店舗ある「ルネサンス24」など、24時間ジムが続々と増えているので、家やオフィス近くのジムをチェックしてみてください。

脳がクリアに働く時間だからこそ、朝活を学びの時間にしたいという方には、早朝の英会話教室がおすすめ。マンツーマン専門の「Gabaマンツーマン英会話」や、英語上達にコミットする「ライザップイングリッシュ」など、朝7時から英会話を学べるスクールがあるんです。

勉強に最適な、静かな環境がほしいという方におすすめしたいのが、朝7時から開館している会員制ライブラリー。いわゆる図書館とはまったく違う、スタイリッシュな空間の中で、勉強に没頭したり、ゆったり読書したり、お茶を飲みながら他の会員とおしゃべりしたり……といった、贅沢な時間を持つことができます。テーマをもうけた勉強会や研究会も開催されているので、さまざまな業種の人と知り合えそう。

これで、早起きが楽しみになる? ぜひ、あなたにぴったりな朝活を見つけてみてください。

※出典:総説 朝練習のトレーニング効果
https://e-running.net/files/161202position_stand.pdf 参照

おすすめ朝活スポット

24時間トレーニングジム「ルネサンス24」
https://www.s-re.jp/24hours/

Gabaマンツーマン英会話
https://www.gaba.co.jp/

ライザップイングリッシュ
https://www.rizap-english.jp/

アカデミーヒルズ会員制ライブラリー
http://www.academyhills.com/library/

——参考文献『「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!』(PHP文庫)、『「ひとり時間」で、すべてがうまく回りだす!』(マガジンハウス)共に池田千恵著

  • なるほど 0

  • おもしろい 0

  • やってみたい 0

この記事が気に入ったらシェア!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る

プロフィール

池田千恵

いけだ・ちえ/株式会社 朝6時 代表取締役。慶應義塾大学総合政策学部卒業。外食企業、外資系戦略コンサルティング会社を経て現職。企業や自治体の朝イチ仕事改善、生産性向上の仕組みを構築している他、個人に向けては、キャリアの方向性を決めて前進したい人が朝時間を活用し、人生計画を立てるオンラインコミュニティ「朝キャリ」主宰。9年連続プロデュースの「朝活手帳」など著書多数。

編集/リンククロス イラスト/サワヒカリ 監修/池田千恵

この記事を読んだ
あなたにおすすめ!

フォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • メールマガジン
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status