目指せ!メリハリ美脚。
むくみ解消で、脚すっきり。

生理痛、口唇ヘルペス、毛穴ケア、大人ニキビなど、女性が気になる身体の不調や美容について、専門医に解決法を教えてもらう「女性のお悩み相談室」。今回のテーマは、女性なら誰もが気になる「美脚、足痩せ」。ただただ「脚を細くしたい」としか、思っていないあなた、それでいいの? 細いだけの棒みたいな脚なんて、美しくないですよね?
リンククロスがみなさんに目指してほしいのは、メリハリ美脚。美脚の条件、手軽にできる美脚エクササイズやリンパドレナージュを整形外科の名医に教えてもらいました。今日からできる、脚のむくみ解消法も。さあ、みなさんもメリハリ美脚を目指しましょう!

目次

1
美脚の条件とは?
2
足痩せエクササイズ
3
リンパドレナージュとむくみ解消法

細いだけじゃだめ!
美脚の条件とは?

みなさんは、美脚とはどんな脚だと思いますか? すらりとした脚は素敵ですが、細いだけでぽっこり膝が出ているような脚は、キレイではありませんよね。メリハリのある脚こそ、セクシーで魅力的な美脚ではないでしょうか。

当然脚には、「身体全体を支えて歩く」という、大切な機能があります。どこかが痛む脚では、バランスよく素敵には歩けません。 つまり美脚に必要なのは、単なる細さでなく、「メリハリとしなやかな筋肉」なのです。

また、上の写真のように、まっすぐ立ったときに以下の2つを叶えていることも、美脚の条件となります。

  • 正面から見ると、太ももの付け根、膝、ふくらはぎ、くるぶしの4点がついている。
  • 横から見ると、膝がしっかり伸びている。

若い女性に多いのが、骨盤周りと背骨の筋肉が弱いためにO脚になっているタイプです。特徴は、膝のお皿が少し内側を向いていること。下腹部の筋力が落ちていることが多く、脚の形が悪いだけでなく、お腹がぽっこり、太ももも太く見えます。姿勢が悪く、肩こりや腰痛に悩む人も多いはず。

また、太っている人や欧米人に多いのが、膝はつくけれど、脚が外反してくるぶしがつかないX脚タイプです。体重が内側に入ることで、膝の外側が痛くなる人も。

見た目が美しいだけでなく、身体の部位に痛みをもたらすことなく、正しい機能を備えている。それが理想的な美脚なのです。

オフィスでもできる!
簡単、足痩せエクササイズ。

1. 脚を45度位に開く。そのとき膝のお皿の中心と足の人差し指は同じ方向に向くように。足首だけがターンアウトしないように注意する。
2. 軽く膝を曲げておろす。上体はまっすぐのまま。
3. 一旦、元の位置へ戻る。
4. 次はかかとをつけたまま背伸びをする。お尻の力で膝を寄せるような感覚で。×10回

家の中でも、オフィスの給湯室でもできる、お手軽美脚エクササイズをご紹介。まずマスターしてほしいのが「美脚背伸び」。股関節の伸展と外旋(身体の外側に向かって回転)を組み合わせ、脚を股関節からキレイなアライメント(骨格の並び方)にする効果を得ることができます。膝を足の指と同じ方向の外に向けたまま寄せていきますが、膝自体の力ではなく、お尻の力で外に回すように寄せることを意識しましょう。

1. 片足を一歩前にだす。
2. 足首と指全部を伸ばしてポイントする。
3. 足首は伸ばしたまま指をそらす。
4. 指はそらしてかかとを地面につける。
5. かかとをつけて全部の指を曲げる。指を伸ばして元の位置に戻す。1~5の動作を左右×5回行う。

上記の足首エクササイズは、足首とふくらはぎが気になる人におすすめ。これなら、電車を待っているときやオフィスの机の下でもできるはず。最初は動きが難しく感じるかもしれませんが、慣れてくれば簡単です。

むくみを解消するには?
自分でできるリンパドレナージュも。

1. 足~足首
足の裏からくるぶしの後ろまで軽く押しながら手をすべらせる。
2. ふくらはぎ内側・裏側
親指で脛(すね)の骨の後ろ側に沿って押しながら、両手全体を使ってふくらはぎ全体を押し上げるように、上にすべらせる。
3. 膝の内側
膝の裏と内側のリンパを流すようにしっかり押し上げる。
4. 太もも・そけい部
太ももの内側をさすって、そけい部(股の付け根)まで押し上げるようにして流す。

脚のむくみが気になる。立ちっぱなしで足が疲れた。そんなときにトライしてほしいのが、リンパの流れを促し、老廃物を排出するリンパドレナージュ。お風呂上がりなど、身体を温めた状態で行うと、より効果が実感できます。

脚のむくみが気になる人には、着圧ソックスもおすすめ。睡眠時に履く着圧ソックスは、オープントゥと低い圧力値ですっきり脚に導いてくれます。慣れないうちはきつく感じるので、余裕のあるサイズを選んでみて。翌朝起きたとき、脚がすっきりしたように感じられますよ。

立ち仕事やデスクワークの方には、日中用の着圧ソックスもおすすめ。脚のむくみや疲れを軽減するだけでなく、静脈瘤やセルライトも防ぐといわれています。

最後に、むくみを解消するための食生活について。大切なのが、大豆製品、魚、鶏肉などの良質なタンパク質をしっかり摂ること。また、水分を制限するのもよくありません。ダメージを受けた細胞が新しく生まれ変わるには、水分が必要。体格にもよりますが、排尿の量は1日あたり1~1.5リットル前後です。それと同じだけ、毎日1リットル前後のミネラルウォーターを飲みましょう。

美脚になるには、正しいセルフケアも大切。リンパドレナージュやむくみ対策を習慣にして、すっきりした美脚を手に入れましょう。

この記事は、『女医が教える マジカル「美脚」エクササイズ』(すばる舎リンケージ)中村格子著 を参考に編集しています。
  • なるほど 0

  • おもしろい 0

  • やってみたい 0

この記事が気に入ったらシェア!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る

プロフィール

中村格子

なかむら・かくこ/Dr.KAKUKO Sports Clinic院長。整形外科医・医学博士・スポーツドクター。オリンピック日本代表チームドクターとしてトップアスリートの指導や治療にあたる傍ら、一般の人も取り入れやすいエクササイズを提案。テレビや雑誌などでも幅広く活躍。今回の参考文献の他にも、多数の著書あり。

編集・写真/リンククロス 出演/桃月かのん(@kan6v6) 監修/中村格子

この記事を読んだ
あなたにおすすめ!

フォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • メールマガジン
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status