国民病になった花粉症。
原因は、現代人の生活習慣!?

便秘や生理痛、大人ニキビ、むくみなどなど……。女性特有の身体の不調、自分だけでなく身近に悩んでいる人も多いのでは? そんな方々のお悩みを解消すべく、リンククロスでは「女性のお悩み相談室」を開講。今回は、女性に限らず、いまや国民病ともいえる「花粉症」について。スギ花粉が舞う春は、なるべく外に出たくない!なんて人も多いのでは。まずは、なぜ花粉症になるのか、その原因とどんな人が花粉症になりやすいのかを探ります。どうやら、生活習慣が大きく関係しているみたいで……。

目次

1
去年は大丈夫だった人も安心できない。
2
体質だけじゃない! 生活習慣が花粉症を引き起こす。
3
冷え性女子は注意! 体の冷えが花粉症の原因に。

去年は大丈夫だった人も
安心できない。

アレルギー反応のひとつである花粉症。花粉症はなぜ起きるのか。その原因を探ると、私たちの体の中で以下の流れでアレルギー反応が起きていることがわかります。

花粉症の原因となる植物は60種類以上。なかでも特に症状が出る人が多いのが、スギ花粉です。スギ花粉といえば春のイメージが強いですが、実は九州・四国の一部では2月上旬から飛び始めます。全国的にピークとなるのは3月~5月。花粉の飛散数は、前年の夏の気象が大きく影響します。

また、多い年と少ない年が交互に現れる傾向があります。「去年は大丈夫だったから、今年も同じ対策でいいだろう」では不十分かもしれないのです。油断せずに、毎年の傾向に合った対策が大切です。

体質だけじゃない!
生活習慣が花粉症を引き起こす。

今のところ、花粉症の特効薬は存在しません。これをすれば治るという絶対的な治療法はなく、民間療法に頼る部分が大きいのも現実です。ただ理解しておきたいのは、花粉症のなりやすさは生来の体質にもよりますが、それより日頃の生活習慣の影響が大きいということです。

■花粉症のなりやすさチェック
以下の項目が多く当てはまるほど、花粉症の症状があらわれる可能性が高くなります

□ 30~40代である
□ 皮膚がかぶれやすい
□ アトピーや喘息になったことがある
□ 親兄弟に花粉症やアレルギーの人がいる
□ 魚より肉を食べることが多い
□ コンビニ弁当やファストフードなどをよく食べる
□ 労働時間が長い(残業が多い)
□ 職場や仕事内容に不満がある
□ 家族や友達との折り合いがよくない
□ お酒をよく飲む
□ 楽しいと思える趣味がない
□ 運動の習慣がない

冷え性女子は注意!
体の冷えが花粉症の原因に。

花粉症に悪影響を及ぼすのが体の冷え。体に冷えを感じると脳は「生命維持の危機」と判断して、体を守ろうと反応します。病気のもととなる細菌やウイルス、花粉などを体内に入れたくないので、鼻や目やノドの粘膜は過敏になります。

すると、少しの刺激でも過剰に反応して、咳やくしゃみ、涙など侵入物を排出する反応が起こります。つまり、体が冷えると普段ならスルーできる花粉量でもアレルギー反応が強く出てしまうのです。

花粉シーズンにあたる春先や秋口は、昼間は「もう暖かい」「まだ暑い」と思って薄着で外出しがちです。でも、日が暮れると急に温度が下がって、体が冷えてしまうことに。

体温は、血液によって体のすみずみまで送られています。特に首や腹部、脚を走る血管は太く、皮膚のすぐ下を通っているため、ここを冷気にさらしていると大量の熱が逃げて血液が冷まされることに。結果として短時間で全身の体温が奪われてしまいます。

逆に言えば、太い血管を冷気から守れば全身が冷えにくくなります。まずは、首まわりやお腹まわり、足元を冷やさない工夫が大切です。ただし、足や足首をしめつける窮屈な靴や靴下はかえって血行を悪くするので要注意。

また、座りっぱなし立ちっぱなしは血液を停滞させます。適度に歩いたり屈伸したりマッサージしたりして足や足裏を動かし、血行を促進しましょう。

――参考文献『これでスッキリ 花粉症がみるみるよくなる62の対策』福田千晶(日東書院本社)

次回からは、日常ですぐできる
花粉症対策をお教えします!

  • なるほど 0

  • おもしろい 0

  • やってみたい 0

この記事が気に入ったらシェア!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る

プロフィール

福田千晶

ふくだ・ちあき/医学博士・健康アドバイザー・ウーマンウエルネス研究会メンバー。1988年に慶應義塾大学医学部卒業。医師として東京慈恵会医科大学リハビリテーション医学科勤務を経て、健康アドバイザーとして執筆、講演、テレビ・ラジオ番組への出演などで活動。2007年より、アルシェクリニック(大宮)にて外来診療も担当。『40代からはじめるもっと太らない体づくり―大人のヘルスケア』(笠倉出版社)、『明日、突然倒れないための強い血管の作り方』(永岡書店)、『1日10分!足の悩みは自分で治せる(だるさ、むくみ、冷え、外反母趾、ひざ痛 本当の治し方)』(実業之日本社)など、著書も多数。

編集/リンククロス

この記事を読んだ
あなたにおすすめ!

フォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • メールマガジン
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status